スタッフブログ

知らないと怖い、頭痛の3つのタイプ

twitter facebook googleplus line

沢ノ町駅から徒歩2分
肩こり・腰痛に強い整骨院
ひだまり整骨院 大西です。

多くの方が悩まされている症状の一つに【頭痛】が挙げられます。
大きく分けて頭痛は2つのタイプに分けられます。
➀明確な病気があるわけではないが、何らかの原因で繰り返し起こる頭痛
➁病気が原因で引き起こされる頭痛
の二つです。
今回は➀明確な病気があるわけではないが、何らかの原因で繰り返し起こる頭痛
についてお話致します。

このタイプの頭痛は、さらに➂つのタイプに分類されます。
➀緊張型頭痛
➁片頭痛
➂群発頭痛

➀緊張型頭痛
頭痛の中で最も多く見られる頭痛の種類です。
誰にでも発症する可能性のある頭痛で、年齢・性別は問いません。
〇メカニズム
過度の緊張状態・長時間のデスクワーク・精神的なストレスがかかり続けることによって、
肩・首周りの筋肉にの緊張が高まり、血行不良を引き起こす結果、頭痛が発症します。
〇症状
側頭部から後頭部を中心に、頭全体が締め付けられるような痛みが出現します。
〇対策
筋肉の緊張が主な原因なので、お身体(首・肩周りを特に)入浴や、マッサージ療法などで
温めたり、緊張を緩和させてあげる事で症状事態は収まっていきます。

➁片頭痛
特に20代~40代の女性に多く見られるとされています。

〇メカニズム
片頭痛に関しては、発症の原因ははっきりとした事は、未だ解明されておりません。
頭部の血管が炎症を起こすことで引き起こされていると考えられています。
〇症状
心臓の拍動と共に、ズキズキとした、強い痛みが出現し、光や音に過敏になることもあります。
〇対策
頭部の血管に炎症が起こっているため、緊張性頭痛のように温めてしまうと症状が悪化する可能性が高いため
ご注意下さい。
痛む場所をアイスノンや保冷剤で冷やし、刺激の少ない静かな冷暗所でゆっくりと横になり休みましょう。

➂群発頭痛
頭痛の種類としては、まれなタイプです。
症状を訴える患者さんの多くは男性の方になります。
〇メカニズム
片頭痛と同様に詳しいメカニズムは未だ解明されていません。
目の後方を通過する動脈の炎症が原因というように考えられています。
〇症状
激しい痛みが発現します。(目がえぐられるような強烈な痛み)
また、一度出始めると1~2か月の間、毎日のように痛みが出てくることもあります。
〇対策
対策としては、痛みが強烈に強いこともあるので、一度専門医に相談することも必要です。

以上のように、【頭痛】と言っても様々な症状の出方があります。
対策を間違えると、症状を悪化させることもありますので参考にしてください。

また、特に多い【緊張性頭痛】は、お身体の歪みが根本的な原因になっている事が多く、
歪みを改善していないことで、繰り返し症状に悩まされるということがあります。
当院では、そういった多くの患者さんを改善させ、頭痛薬が手放せなかった患者様も
今では、頭痛に悩ませられることがないといったお声も頂いています。
頭痛はほとんどの場合、改善させることのできる症状です。
薬に頼らず、頭痛から解放され、安心して生活を送りたい方はいつでもご相談下さい。

ひだまり整骨院

この記事を書いた人
hidamarisec
( )
この記事を友達にシェア

為になったらシェアしてね!

facebook line twitter bookmark
facebook
line
twitter
bookmark
キーワード関連キーワード
おすすめ記事
@copyright index 2019株式会社楽笑