患者様の声

膝の痛みも楽になり、歩けるようになりました。

twitter facebook googleplus line

腰痛を訴えられている患者さんの多くの方の中に
腰そのものがトラブルを抱え、症状を発症されている方は少ないことは以前にも掲載させて頂きました。
もちろん、腰のトラブルの可能性もあります。
その他に、内臓疾患から腰痛を訴えられるケース。
お腹側の筋肉のトラブルのケース。
そして、下半身の関節・筋肉から痛みを発症されるケース等、
痛みの出方は患者様それぞれにあります。
今回の患者様のケースは膝がポイントとなると考えられました。
膝というのは改善ポイントにも記載していますが身体の【バランサー】となる関節です。
この膝が機能しなくなるということは、身体全体のバランスが崩れてしまいます。
腰痛でお悩みの方で、腰を治療していてもなかなか良くならないという方は、
治療部位の見直しが必要かもしれませんね。

症状改善ポイント

【治療部位】
腰・膝
【治療期間】
3か月
【原因】
当患者様は、まず最初に膝の痛みが強くあり、歩行もままならないほどでした。
この、膝の痛みが原因で腰に負担をかけてしまい、腰の痛みを誘発してしまっていると
考えられました。
それだけ膝の症状というのは、他部位に影響を与えてしまいます。
膝をかばうがゆえに、身体全体のバランスを崩してしまいます。
膝は身体全体のバランサーとしての役割を担っているためです。
その為、まずは膝の痛みを取ることから初めて行きました。
【症状改善ポイント】
先ほど挙げたように、お身体のバランサーの役割を担う膝の治療から始めました。
当患者さんの膝は外見からは変形が進行しているようにも見られ、
まずは膝の状態を確認する為に、X-p(レントゲン)による画像での確認を行いました。
そして、痛みを訴えている箇所・筋質などを確認した上で、
筋肉のアプローチを優先的に行い、マッサージ治療や温熱療法、灸治療を施しました。
太ももの筋肉の縫工筋・筋膜張筋、膝の筋肉の膝窩筋の緊張が和らいでくると、
徐々に膝の痛みが改善されて来ました。
そして、膝の痛みの改善と共に、腰の治療を並行して行って行きましたが、
腰の痛みも改善されて来ました。
以前はできなかった片足立ちが、今ではどちらの足でも出来るようになったと喜んでおられます。

T・Kさん 80代 女性

お陰様で普通にだんだんと歩けるようになりました。
すごく嬉しいです。
二十歳代で腰を痛めたのが、
今はお陰様にて歩けるようになり、委員長先生始め
皆様のおかげと感謝しております。
これからもよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人
rakushow777
( )
この記事を友達にシェア

為になったらシェアしてね!

facebook line twitter bookmark
facebook
line
twitter
bookmark
キーワード関連キーワード
 
おすすめ記事
@copyright index 2019株式会社楽笑