四十肩 五十肩

四十肩・五十肩ってなあに?

 四十肩・五十肩とは、「肩関節周囲炎」と呼ばれるものです。

中年以降の方に多く、肩関節の痛みと運動制限を症状とする疾患です。

 発症する年齢が40代・50代に多い為、四十肩・五十肩と呼ばれるが

、そのほかの年齢層でも発症することがあります。

特徴として、肩関節の痛みが突然起こり、寒冷時や夜間に強く上腕部や肘に出現してきます。

痛みは時間の経過と共に軽減してきますが、肩の動きが制限されてきます。

どうして四十肩・五十肩になるの??

 肩関節周囲炎を引き起こす主な原因は諸説あるが、

加齢による劣化から肩関節に炎症が起こるためと考えられています。

楽笑メディカルおすすめ治療はこれ

 ①バランスマッサージ

肩関節周りの筋肉をゆるめて運動制限を取り除いて行きます。

②お灸とトルマリン治療

患部を温めることで筋肉の動きを良くし、可動域〔肩関節の動き〕を広げて行きます。

③バランス矯正

肩甲骨、肩関節の矯正治療を行い関節の拘縮が残らないようにしていきます

セルフケアーと予防

 肩関節周囲炎の痛みは、時間経過と共に軽減してきますが、肩関節の動きの制限が出現してきます。

 ①痙縮期…痛みと炎症が強い時期

②拘縮期…関節の動きの制限が出現する時期

③回復期…痛みと炎症が落ち着き症状に改善がみられる時期。

痛みが緩和してきても関節拘縮〔関節が動かなくなった状態〕が残さないようにすることが大切です。

痛みが緩和してきてから、ストレッチや軽い運動を行うようにしていきましょう。

アイロン体操

①アイロン程度の重みの物(ペットボトル等)を持ち、前かがみで腕の力を抜いておく。

②腕の力を抜いたまま、体を前後・左右に動かし腕を振り子のように動かしていく。