首こり、肩こりってなあに?

肩こりは体重の約13%の重さがある頭部を支えるために、 首の骨を支える軟部組織〔筋肉・靭帯など〕に負担がかかり、 首の後面から肩甲骨にかけて、筋の過緊張・痛み・重だるさ・違和感を持つことをいう。

どうして首こり・肩こりになるの?

首の骨は背骨の中で最も小さいが、 動く範囲は大きく、その小さな支持性と可動性の機能を果たす為に, 首を支える軟部組織〔筋肉・靭帯〕に大きな負担がかかりやすい為である。 日常生活や仕事による同一姿勢や不慮姿勢〔頭が前に出た姿勢〕でずっといることで、 首の後ろの筋肉や肩の筋肉を過緊張させることになり、筋肉内の血流を悪くしてしまい、 筋肉を疲労させてるとともに、発痛物質を蓄積しやすくなるため。

 楽笑メディカルおすすめ治療はこれ

①マッサージ(写真)筋肉をほぐして痛みを軽減 ②鍼灸(写真)筋肉と神経を整えて痛みを軽減 ③バランス矯正(写真)特に腰の骨・骨盤の歪みを整え、痛みを軽減させます。

 セルフケアーと予防

同一姿勢による筋肉の血液循環の不足によることが多い為その改善が一番です。 方法は...。 ①痛みが出ているところを温めてあげる。 お風呂にハンドタオルを持って行き、使った状態でお湯を含ませたタオルに肩に乗せて行きましょう。 ②肩甲骨体操
  1.  肩甲骨を動かすことで、固く緊張した筋肉を動かして血流改善。
  2. 腕を下げたまま、両肩を耳つくまで上にあげて行きます。
  3. あげた状態で3秒キープ
  4. 一気に力を抜いてだらんとさせる。
  5. 1~3を5回繰り返しましょう。
@copyright index 2019株式会社楽笑