腰痛

腰痛ってなあに??

 腰痛にはさまざまな種類が存在し、

原因もさまざまだが、背中の中央から下部にかけての痛みのことを指します。

主な症状として反ると痛いや前に曲げると痛いなど運動時に痛みがあることが多い。

 ぎっくり腰ってなあに??

ぎっくり腰とは、「急性腰痛」とも呼ばれ、

日常生活の動作やスポーツなどで、何らかの拍子に急に衝撃と共に強烈な激痛に襲われるものです。

 症状としては、

  1. 動作の瞬間に腰に激痛が走り、動けなくなってしまう。
  2. 上半身を起こすことができない。
  3. 違和感から、時間の経過と共に痛みが悪化していく。

などがあげられます。

 どうして腰痛・ぎっくり腰になるの?

 腰痛やぎっくり腰になる大きな原因は2つあります。

 ①筋肉疲労

日常生活の中で常にこつこつと筋肉には疲労が蓄積していっています。

それが、少しずつため込んだ筋肉疲労に筋肉が耐え切れなくなり、腰痛として発症してしまうことがあります。

 ②骨格の歪み

立ちっぱなしのお仕事や、座りっぱなしのお仕事では、

長時間の間、限られた姿勢を保つことが多くなります。同一姿勢では使われる筋肉が偏るため筋肉のバランスが悪くなります。

その結果骨格の歪みにつながり、さらなる筋疲労の原因となり腰痛として発症することがあります。

 楽笑メディカルおすすめ治療はこれ

①マッサージ(写真)筋肉をほぐして痛みを軽減

②鍼灸(写真)筋肉と神経を整えて痛みを軽減

③バランス矯正(写真)特に腰の骨・骨盤の歪みを整え、痛みを軽減させます。

 セルフケアーと予防

長時間座ることが多い方には、座り方に気をつけて頂くことが大切です。

椅子に浅く腰掛けて腰と背もたれに隙間が出来てはいませんか?

腰に負担のかかりにくい座り方は、この隙間を無くすことです。

椅子に深く腰掛けて、背もたれと腰の間に隙間ができないように腰掛けるようにこころがけてください。

 腰の痛みを引き起こす多くの原因は、実はお尻の筋肉にあります。

お尻の筋肉をストレッチや温めて柔軟性と血液循環の改善を図りましょう。