膝痛

 膝痛ってなあに??

「歩く」「走る」「立ち上がる」「座る」「跳ぶ」など日常生活のなかでは、

膝関節を曲げ伸ばしする動作は多々あります。

 酷使し続けた膝では関節軟骨の摩耗が激しくなり、太ももの骨とすねの骨が直接ぶつかりあい、

関節周辺の靭帯や筋肉に負担がかかり痛みを引き起こすことをさします。

どうして膝痛になるの??

膝には、平地を歩いている時でも体重の3倍、階段の上がり下がりでは約7倍、走っている時には10倍の加重がかかります。

そんな膝関節を支える筋肉に過度の負担がかかることにより、筋肉の機能が低下し血行が悪くなります。

結果、関節の動きが悪く不安定になり、痛みが強くなって行きます。

また、膝関節を冷やすことによっても、痛みを誘発する原因となります。

楽笑メディカルおすすめ治療はこれ

 ①バランスマッサージ

膝関節周りの筋肉をゆるめて関節にかかる負担を取り除いて行きます。

 ②お灸とトルマリン治療

患部を温めることで筋肉の血行を良くし、固く緊張した筋肉、関節を緩めて行きます。

③鍼治療

鍼治療による筋肉への直接のアプローチと、神経を整えることで痛みを取り除いて行きます。

セルフケアーと予防

膝の痛みを予防するには、

①ウォーキングなどの軽い運動を行う。〔筋力強化〕

②身体を冷やさない。〔特に寒い季節や冷房のかかる季節には、ウール生地のサポーターを活用すると有効です。〕