患者様の声

梨状筋症候群と診断されました。

twitter facebook googleplus line

「足のしびれが止まらない」を解決致します

 足のしびれが起こる。日常生活に支障が出てしまう症状のひとつであります。しびれに慣れてしまってはいけません。

しびれというのは体の神経に何かが当たってしまっているからしびれが起こります。

例えばヘルニア・・・背骨のところで神経に当たっています。

そして梨状筋症候群はお尻の筋肉が神経を圧迫してしまう症状なので放っておくと歩行困難にもなりかねませんの早めの治療をオススメします。

Y.Hさん
(20代 男性)

梨状筋症候群が治りました

仕事の加減で長時間、座る事が多く
おしりの痛みと しびれが気になり、こちらに来院しました。
すぐに、病院に行くことを勧められ
提携している病院 にいかせて頂き
梨状筋症候群と診断されました。
正直、驚きましたが安心して、治療をうけています。
今では、仕事中の支障もなく、本当に助かりました。
ありがとうございます。

症状改善ポイント

【治療部位】

臀部

【期間】 2ヶ月

【原因】

この方はお仕事で、長時間座る事が多いため、臀部(おしり)・の痛みと足の方にしびれがありました。 しびれは太ももからふくらはぎにかけてでてきており、長時間座ることが出来ないとの事でした。

症状も右側に強いため、座り方の姿勢も確認していくと、右の臀部(おしり)を圧迫しやすい姿勢になっていたので、そこにも大きな原因がありました。

【治療法】
この方は来院された時は強いしびれが主訴でした。 どこにしびれがでているかで治療が変わるため、簡単なテスト(※1)を行なっていきました。 テストの結果、梨状筋症候群(※2)のテストに陽性が出ていました。 念のため、こちらで提携している整形外科に行って頂きました。

結果、整形外科でも梨状筋症候群と診断されていたため、早速治療を進めていきました。 治療を始めると、右の臀部の筋肉の非常に固い状態でした。 この方の症状の梨状筋というのは臀部(おしり)の筋肉の中でも深層にあるため、まずは少しずつ表層の筋肉を緩めていきました。 そして、右の症状が強いため、骨盤のズレを確認した所、座る時に右側の臀部(おしり)の今肉を圧迫しやすい状態(右の骨盤が下がってる状態)になっていました。 そのため、骨盤を整える治療・臀部(おしり)に筋肉を緩める治療・ストレッチ療法を行っていきました。

結果、症状も良くなり、身体のズレも無くなっていきました。

今ではしびれがでて仕事を中断する事もなく、集中でいきているとの事です。

(※1)
股関節の内旋テスト→うつぶせで足首をもって膝を曲げさせながら下腿(膝から下)を外方に倒していき臀部(おしり)と足のしびれの誘発するテスト

フライングテスト→仰向けで膝と足をもって股関節と膝関節を曲げさせたから、膝を内側に倒しながら足を外方に回した時の臀部(おしり)、足の後面の痛みやしびれの誘発するテスト

(※2)
梨状筋症候群→殿部(お尻)の奥には梨状筋という筋肉があり、足の後面の知覚をつかさどる坐骨神経は梨状筋の一部を貫いたり、梨状筋の上を通ったりしています。梨状筋の過緊張により、近くを走る坐骨神経が圧迫され、足にシビレや痛みを起こすことがあります。また、ランニングなどの股関節の屈伸を何度も繰り返す動作により、梨状筋と坐骨神経が摩擦を繰り返して炎症を起こしたり、炎症により梨状筋と坐骨神経が癒着し、殿部から足の痛みやシビレなどの症状が出現します。 これを、梨状筋症候群と呼びます。

この記事を書いた人
emiemi
( )
この記事を友達にシェア

為になったらシェアしてね!

facebook line twitter bookmark
facebook
line
twitter
bookmark
キーワード関連キーワード
おすすめ記事
@copyright index 2019株式会社楽笑