スタッフブログ

産後の腰の痛みの原因とは…

twitter facebook googleplus line

沢ノ町駅から徒歩2分
肩こり・腰痛に強い整骨院
ひだまり整骨院 木村です。

あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。 今回2016年一回目の題材は「産後の骨盤と腰痛の関係性」について説明致します。 当院にも良く「産後の骨盤矯正をしたいのですが…」とご相談されることが多くあります。 そこで、皆さんにも説明していきますね! では、産後の骨盤にはどういったことが起きているのでしょうか。 出産に適したお身体の準備として赤ちゃんを保護していた靭帯や関節、筋肉を柔らかくし出産に備えるために「リラキシン」という女性ホルモンが分泌されます。 リラキシンが良く分泌されるのは、「月経前」と「産後2~3日」とされています。 これは骨盤だけに影響するのではなく、身体全身に作用するため、関節や靭帯、筋肉にも作用します。 これにより、仙腸関節部(お尻の真ん中のあたりにある仙骨と、左右にあり骨盤を形成している腸骨をつなぐ関節)が緩くなってしまうため、 普段よりも腰の筋肉や関節への負担が大きくなります。 こういった場合のケアも当院では行っています。 一度産後の腰の痛みや骨盤の歪みが気になるかたは一度当院にご相談くださいね! 大阪市住吉区沢ノ町1-11-17 06-6674-7105 ひだまり整骨院【予約優先制院】
この記事を書いた人
hidamarisec
( )
この記事を友達にシェア

為になったらシェアしてね!

facebook line twitter bookmark
facebook
line
twitter
bookmark
キーワード関連キーワード
   
おすすめ記事
@copyright index 2019株式会社楽笑