スタッフブログ

腰の痛みは股関節にあった!腰と股関節の関係性。

twitter facebook googleplus line

沢ノ町駅から徒歩2分
肩こり・腰痛に強い整骨院
ひだまり整骨院 木村です。

外の気温も寒くなり冬がすぐそこまで来ていますね! しっかりお身体を温めていますでしょうか? 今回はこの寒くなる冬場に多くなる「腰痛」についてお話ししますね。 腰の痛みのほとんどは肋骨の下、お尻の上部のあたり皆さんが想像する「腰」が原因で痛みを出していると思いますよね。 実は皆さんの想像している「腰」はほとんど痛みの原因にならないのです。 では、どこが原因になっているかと言いますと、タイトルにもある通り「股関節」に隠されているのです。 股関節は寛骨臼(骨盤の中の骨)と言われるくぼみの中に、大腿骨(太ももにある骨)が関節を作り、「股関節」と言われるのですが、 この股関節周りの筋肉が固くなってしまうと腰痛の原因となってしまうのです。 なぜ原因になるかと言いますと、「椅子から立つ、座る」、「布団から起き上がる」などの動作のほとんどが「股関節から始まっているから」です。 例えば、身体を立った状態で捻る動作では股関節がこの動きのほとんどを占めており、 腰(腰椎)の動きはわずか5度程度しか動きません。 5度の範囲で痛めてしまうのは極めてまれなケースだと私は感じます。 腰が痛い、動き始めがつらい方は一度「股関節」に注目してみてはいかがでしょうか? 当院でもお気軽にご相談ください! 大阪市住吉区沢ノ町1-11-17 06-6674-7105 ひだまり整骨院【予約優先制】
この記事を書いた人
hidamarisec
( )
この記事を友達にシェア

為になったらシェアしてね!

facebook line twitter bookmark
facebook
line
twitter
bookmark
キーワード関連キーワード
 
おすすめ記事
@copyright index 2019株式会社楽笑