スタッフブログ

足底筋膜炎について

twitter facebook googleplus line

沢ノ町駅から徒歩2分
肩こり・腰痛に強い整骨院
ひだまり整骨院 木村です。

とうとう冬本番になり気温がグッと下がり体調を崩したりはしていませんか? こういう時期は身体に大きな負担がかかりますので、しっかりお風呂に入ったり、睡眠を十分にとってくださいね! さて、今回は足のトラブルの中でも増えてきている「足底筋膜炎」について説明致します。 まず、「足底筋膜炎」とは? かかとの一番下から足の母指球まで続く「足底筋膜」に痛みが走る状態です。 ・座っていることが多い(運動不足) ・ハイヒールを着用する ・足底アーチが異常に高いまたは低い ・ふくらはぎの筋肉やアキレス腱(ふくらはぎの筋肉をかかとの骨に付着させる腱)が硬い などに当てはまる人にみられます。 普段座っていることの多い人が突然活動レベルを上げたり、支えの少ない靴を履いたりすると発症します。 足底筋膜症がランナーやダンサーにも多くみられるのは、特にそれらの人の足の姿勢が良くない場合、筋膜へのストレスが増大するからです。 痛みを伴うこの病気は、硬い床の上で長時間立っていたり、歩いたりする職業の人に多くみられます。 症状としては、 足底筋膜に沿ったどの部位にも痛む場合もありますが、最も多いとされているのが、足底筋膜が付着している「かかとの部分」の痛みです。 特に朝起きた最初に体重が足に乗ったときに激痛が走り、その後一時的にマシになりますがその後また痛みが出るといった症状があります。 その痛み方は、かかとからつま先にかけて放散するような痛み方をします。 当院にも「足底筋膜炎」で悩まれている方がいらっしゃり、しっかり改善がみられていますので、ぜひ一度ご相談ください! 大阪市住吉区沢ノ町1-11-17 06-6674-7105 ひだまり整骨院【予約優先制】
この記事を書いた人
hidamarisec
( )
この記事を友達にシェア

為になったらシェアしてね!

facebook line twitter bookmark
facebook
line
twitter
bookmark
キーワード関連キーワード
 
おすすめ記事
@copyright index 2019株式会社楽笑