患者様の声

長く悩んだ腰痛が改善されました。

twitter facebook googleplus line

股関節の人工関節を入れていても骨盤矯正は大丈夫?

最近、近代医療が発展し、股関節の人工関節置換手術をされる方が多くなりました。
股関節の置換術を受けられた方から多く質問されるのが、「骨盤矯正をしても大丈夫?」と聞かれることがあります。

当院の矯正治療は、まず安全の確認を行い問題がないと判断したら行います。
また、自分の体重と重力を使った「SOT」と言われる骨盤矯正を当院では採用しているので、
身体に対する負担が少なく、安全に受けて頂けます。

骨盤の歪みはお身体の中心部にあたるので、背骨や肩甲骨にも影響を与え筋肉への負担が増えてしまいます。
ここで一度お身体の歪みをチェックしてみませんか?

K・Mさん 60代 女性 腰痛

一年ほど前より腰に痛みを感じ、日々を過ごしていましたが、
偶然当院を見つけ、治療していただきました。
事細かく説明していただき数回通院している間に痛みも和らぎ、今では日常生活不自由なく過ごしています。
先生方に感謝です。

症状改善ポイント

【治療部位】

【治療期間】
2か月
【症状改善ポイント】

当患者様の腰痛は同一肢位から動き始めようとした際に痛みを訴えられていました。
痛みのある場所を確認したところ、
骨盤と身体をつなぎ支える役割をする筋肉に明らかな痛みがありました。
またもともと、10年程前に股関節人工関節置換術の手術を受けられた経験があることを
問診時にお伺いしていた為、歩行を確認したところ、
1.身体を左右にぶれながら歩く
2.骨盤が後傾し、背中が曲がった姿勢
が目立ちました。
人工関節にし、負担がかからないようにしながら歩こうし、
このような歩行が癖になったと考えられました。
その癖が、身体の負担となり、積み重なった負担が何かのきっかけで症状として出てきている
のだと考えます。

治療としては、歪みの出ている骨盤の矯正治療を行いながら施術致しました。
当院の骨盤矯正治療は、痛みもなく、関節や筋肉・靭帯にも負担がかからない
特殊な方法で行います。
そして、腰の筋肉をはじめ、足の筋肉・首の筋肉のに対してアプローチをかけることで、
最初の施術から変化を感じていただけることができました。

現在では動き始めの痛みも改善し、家事もお仕事もバリバリとこなされています。

この記事を書いた人
hidamarisec
( )
この記事を友達にシェア

為になったらシェアしてね!

facebook line twitter bookmark
facebook
line
twitter
bookmark
キーワード関連キーワード
   
おすすめ記事
@copyright index 2019株式会社楽笑