患者様の声

ぎっくり腰の痛みと足のだるさ

twitter facebook googleplus line

 
この方は約一年ぶりの来院となります。
一年前もぎっくり腰で奥様の肩に担がれて来院されました。
その時は数回の治療で改善し、完治となりました。
今回は、その時ほどでは無いにしろ、腰の痛みと下半身のだるさを訴えて来院されました。
一般的に、ぎっくり腰というと腰に問題があるように思いますが、それ以前に問題になってくる
箇所があります。それは、下半身の筋肉の緊張です。
人間は立っている時、必ずお尻周囲や足の筋肉が緊張する事になります。
しかし、仕事が立ち仕事だったり、片側に体重をよくかけるなどが長期間に渡って続くと、
下半身やお尻などの骨盤周囲の筋肉が硬くなり、骨盤をゆがめてしまいます。
そうなると、その骨盤の上に乗る背骨、特に腰にある腰痛にゆがみが生じ、
腰の筋肉を左右非対称に緊張させてしまいます。
この状態では、腰の筋肉をいくら治療してもいたちごっこでなかなか治りません。
骨盤周囲の筋肉(特にお尻周囲の筋肉)を徹底的にマッサージ治療する事で、
この方のぎっくり腰は一回の治療で治りました。

この記事を書いた人
kokoro
( )
この記事を友達にシェア

為になったらシェアしてね!

facebook line twitter bookmark
facebook
line
twitter
bookmark
キーワード関連キーワード
おすすめ記事
@copyright index 2019株式会社楽笑